出産・出産後に受け取れる補助金とは

出産費用は

まとまったお金が必要になります。

そんなお金払えないよ・・・

なんて心配になっていませんか?

でも大丈夫です

日本にはいろいろな援助金が支給されます。

受け取れるお金

育児一時金、補助金についてまとめてみました。

1.出産育児一時金

出典元:https://pixabay.com/ja/

健康保険に加入している人やご主人の扶養に入っている方は

誰もが受け取ることができるお金です

一児につき原則42万円です。

病院によって違いもありますが

一般的に病院で手続きができて

そのまま出産費用に当てることもできるお金です。

2.出産・出産後の補助金

出典元:https://pixabay.com/ja/

出産される方が会社に勤めている場合には

出産のために会社を休んだ期間に応じて

公的機関から手当金を受け取ることができます

こちらも健康保険に加入しているのが条件で

出産以前の42日間

出産後の56日間が対象期間となります。

貰えるお金は

過去1年間の給料を基準にして

その3分の2程度を受け取ることができます。

3.出産・出産後の補助金の具体的な例

出典元:https://pixabay.com/ja/

出産手当金なので

例えば出産前の平均給料が30万円だった場合は

日額6,667円ほどがもらえる計算になります。

上記の通り出産前42日間

出産後56日間休んだ場合には

6,667円×98日=約65万円支給されることになります。

4.まとめ 出産・出産後の補助金

出典元:https://pixabay.com/ja/

このように

出産育児一時金・出産手当金をしっかり活用すれば

自己負担額を大幅に減らしたり

休んだ分の給料も3分の2を受け取ることができます

しっかりと

これらの制度を頭に入れて

申請をしていけば安心して出産できますね。

出産にかかる費用ってどれくらい?

出費を抑える方法の一つとして

知育玩具をレンタルするという選択肢もあります。

知育玩具のサブスクリプション 【Cha Cha Cha】

知育玩具を買ってもすぐに飽きてしまい

また新しい知育玩具を買い与える

このようなことを繰り返すならレンタルがお得ですね!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする