産後の授乳中におけるダイエットの注意点とは

同じダイエットでも

取り組むタイミングによって効果は異なります。

タイミングとして

特に注意が必要な時期は産後です。

授乳中には

慎重に体の状態をチェックしなければなりません。

1.産後の授乳中のダイエット

出典元:https://pixabay.com/ja/

妊娠さんによっては

太った体を急いで元に戻したいと考えるお母さんも多いと思います

しかし

出産した後の体はホルモンバランスが乱れやすくなっています。

それは

体を元の状態に戻そうとして

いろいろな部分が平常時とは異なる状態になっているからです

ましてや授乳中には

お母さんの栄養の多くを赤ちゃんに分け与えなければなりません

これによる弊害が

体にいろいろと生じることになります。

2.授乳中のダイエットによる弊害

出典元:https://pixabay.com/ja/

母体の栄養が不足することで

肌が荒れたり骨が折れやすくなったりと

弊害を起こすケースも珍しくはありません

そのような状況で

過度なダイエットをしてしまうと

体内の栄養が著しく不足してしまいます。

たとえ結果的に痩せられたとしても

魅力的なボディとは程遠い見た目になりかねません。

それどころか母乳が出なくなったり

そこに含まれる栄養が少なくなったりするリスクもあるのです。

つまり自分だけでなく

大切な赤ちゃんにも悪影響が出てしまうというわけです

3.授乳中のダイエットの考え方

出典元:https://pixabay.com/ja/

ダイエットをするなら

栄養不足という課題があることを踏まえなければなりません

そこでポイントになるのは

栄養の摂取と消費をしっかりコントロールしていくことです。

それには食事制限ではなく

できるだけ運動をメインにすることが好ましいのですが

赤ちゃんがいるとそうできないことも多いでしょう

だからといって

やみくもに食事を減らすことは間違いないので気を付けてください。

慢性的な飢餓の状態に陥ってしまい

少し食べただけでもリバウンドするような体質にないやすいです。

4.授乳中のダイエットで必要なこと

出典元:https://pixabay.com/ja/

まず

赤ちゃんに与える分も考慮したうえで

一日に必要な栄養の量を明確にします

そして

それと等しくなるようなメニューを食べることが基本です。

しっかり食べて

赤ちゃんが寝ている間に

その横で少しづつエクササイズをするだけでも

ダイエットの効果が期待できますよ。

少しづつでも

継続することが大切ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする