2歳児の子育てはダブルパンチの連続

私には双子の子供がいます。

今は6歳になり

以前に比べると

生活はだいぶ落ち着いたような感じですが

2歳のころはイヤイヤ期も重なり

とても大変な毎日を過ごしていました。

ここでは、当時のことをお伝えしていきます。

1. 2歳はイヤイヤ期と活発さがダブルパンチとなる

出典元:https://www.photo-ac.com/

2歳の子供は

自我の芽生えと共に

イヤイヤ期を迎えるようになります

双子であれば

当然大変さも2倍になります

母親である私の気持ちややりたいことは一切無視で

自分たちのその時の気持ちをぶつけられるようになりました。

1人ずつ交互に来ることもあれば

同時に来ることも多かったです。

また

活発になり

自由に自分の行きたいところへ

どんどん歩いていくようにもなりました。

さらに

体力が付いてくるので

寝かしつけに時間もかかるようになってきたのです。

お出かけした時には

2人に同じ行動を取らせるのが難しく

一番苦労していた時期だと思います

2.自分が少しでも楽になれる方法を考えてみた

出典元:https://www.photo-ac.com/

大変な状況を少しでも打破するべく

様々な方法を試行錯誤しました

そして

行きついたのができるだけ外で過ごす作戦です

外で遊んでいると

うちの子供たちは家の中に比べて機嫌が良いことが多く

体力も使うため

昼寝や夜の寝かしつけもスムーズになりました。

幸いにも自宅の近くには公園がいくつかあったので

その中から比較的安心して遊べる公園を選び

午前と夕方の1日2回は通っていました。

時には

昼ご飯のパンを公園で食べさせることもありました。

子供たちにとっては

普段の食事とは違い

楽しみだったようです。

もちろん

2人は違う場所に走っていくことも多く

私は2人の間を行ったり来たりしながら

ということになったため

こちらにとってはハードな時間でした。

3.その結果として

出典元:https://www.photo-ac.com/

自分自身も体を動かせることで

次第に

それが良い運動と感じられるようになっていきました。

子育ては大変ですが

自分が少しでも楽しめる方法を模索することが大切だと感じました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする