3歳児の子育ては通園で振り回された日々

3歳児になり

幼稚園に通うようになったら

様々な問題が発生するようになりました。

今考えれば

急にそれまでと異なる環境に入って

戸惑いながらも

慣れないことを一生懸命頑張っていたのだと思います。

3歳児は

子供にとっても親にとっても

試練の時なのかもしれません。

ここでは

私の子育て体験談をご紹介します。

1.幼稚園に行くまでの大変さ

出典元:https://www.pakutaso.com/

年少になり

幼稚園に行く日の朝と帰宅後は大荒れ状態でした

まず

朝はバス登園のため

決まった時間にはバス停で待っていなければなりません。

そのため

それまでに身支度を済ませ

朝ご飯を食べ終える必要がありました。

しかし

余裕が持てるよう早めに起こしたとしても

なぜか出掛ける直前までバタバタしてしまう毎日でした

「早く!早く!」が私の口癖だったと思います。

2..幼稚園から帰ってからの大変さ

出典元:https://www.pakutaso.com/

幼稚園からの帰宅後は

機嫌が悪いことが多かったです

ギャン泣きの中

お風呂に入れる日も少なくありませんでした。

帰宅した途端

「靴脱がせて!」と泣き叫ぶことも。

夕食作りがスムーズにいかないことも多く大変でした。

さらに

幼稚園の朝は早いため

夜寝る時間は以前より早くなったのですが

その分

夕食やお風呂の時間を前倒しする必要も出てきました。

私は仕事をしており

預かり保育を利用して保育時間を延長することも多かったので

時間管理が難しかったです

一日をどうやって乗り切るか

とても苦労していました。

3.面談で伝えられた衝撃の姿とは

出典元:https://www.pakutaso.com/

大変な毎日が過ぎ去っていく中

幼稚園で面談があり

子供の様子を聞くことができました

先生の口から出てきたのは

「先生の話をよく聞いてくれています」

「いつもニコニコして、明るくて元気ですね」など

私が知っている姿とは180度違うものでした

私が普段の様子を伝えると

先生はびっくりしながら

「幼稚園では頑張っているんですね」と返してくれました。

帰り道

私はこれまでのことを思い出して

子供なりに幼稚園では

まわりに合わせて頑張っていたんだと気付きました。

「その反動がママへの甘えになって出てきただけなんだ」と・・・

私は

子供が自分らしさを出せる唯一の場所だったのかもしれません

そう考えると子育てが少し楽に

そして今後の成長を楽しみに考えられるようになりました



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする